ワインを愛する失業中の中年オヤジは再び浮上出来るのか

2016年春より失業し、2016年9月のワインエキスパート2次試験に見事落ち、ワインに関わる仕事を諦めきれずにいる中年男ミノリン(私)はもうすぐ生活費が底を突く。ここから人生のし上がれるのだろうか!?

第93話 初心に戻って

こんばんは、ミノリンです。



今朝はなかなか起きることが出来ず、学校にギリギリ到着。


最近"JS(Java scriptという初歩的なプログラミング言語。小学生のことではない)"


の授業についていくのが必死の毎日であるため、結構疲れが溜まっているのです。


よって本日は休肝日としました!



さて、先日一通の封書が届き、中を見てみると・・



日本ソムリエ協会から冊子やイベント案内などが入っており、


そしてついに”あの”お知らせも届きました・・


そう、「J.S.A.ワインエキスパート呼称資格認定試験」です!!!


あー、ついに今年もやってきたんだな・・



昨年夏の屈辱を晴らす絶好の機会、しかし昨年は1次(筆記試験)は免除だったから


今年は2次(デュギュスタシオン=テイスティング)を受けるためには


まず1次を通らなくてはならない。これ、結構大変(*_*)


分厚い教本には世界のワイン産出国とその地方に関する歴史や地理(なんと畑まで!)、


葡萄品種、格付け、ワインに合う料理やらチーズ、更には他のアルコール飲料全般等々


が記載されており、それらを覚えるのに本当に苦労します。


最近は会長が田崎真也氏になったせいか、日本のワインや日本のお酒の出題が多く、


その流れは今年も続くものと思われます。


いずれにせよ覚悟を決めて勉強しなければいけません。



ここまできたらやるしかないでしょうな。


もう失うものは何もないんだから・・



というわけでミノリンの決意表明でした(^^♪  ではまたね~(^_-)-☆


↓ 今晩のご飯。蕎麦2人前とイベリコ豚の弁当。さすがにお腹いっぱい(´・ω・`)