ワインを愛する失業中の中年オヤジは再び浮上出来るのか

2016年春より失業し、2016年9月のワインエキスパート2次試験に見事落ち、ワインに関わる仕事を諦めきれずにいる中年男ミノリン(私)はもうすぐ生活費が底を突く。ここから人生のし上がれるのだろうか!?

第40話 音楽紀行~Annekei~

こんばんは、ミノリンです。


さっきご飯食べた後、ウトウトして少し眠ってしまって、起きたら寒い!


今夜は氷点下。あーヤダヤダ(*_*)



さて、前回第36話では”Elizabeth Shepherd”をご紹介しましたが、


今回は30代半ば~後半によく聴いていた歌姫”アンナケイ”です。


今思えばこの頃の私は女性ボーカルが好きだったのかもしれないな~



彼女は若きし頃デンマークからNYに、ギター一本を引っさげて渡米しました。


そして日本でデビューする事になり、その後数枚のアルバムをリリース。


「Annekei」、「Tsuki」、「Letter」、「Touch」、「A-Side」


が順に発売されましたが、私の場合、最初のアルバム「Annekei」で好きになり、


その後「Letter」、「Touch」の2枚をよく聴きました。



名古屋に居た頃、”Blue Note"というライブハウスに2度、


彼女のライブを観に行きました。


そのライブハウスは食事をしながら演奏を楽しむスタイルで、


大人のデートをするには最適の箱でしたね。


ライブが終わった後、彼女本人がミニサイン会を開いたので、


思わず「Touch」を購入。すでに持っているのに(*_*)


で、CDにサインを入れてもらい大満足! 懐かしい(*'ω'*)


「私は最初のアルバムが一番好きですよ」と伝えた記憶があります。



彼女の曲は”Elizabeth Shepherd”とは全く違って可愛らしい。


綺麗な女性がかわいい曲を綺麗な声で歌うものだからしばらく嵌りましたね~(^^♪



先程アマゾンで彼女の最新アルバムは無いか調べてみましたがありませんでした。


今頃どこで何をしているのかな・・ ではまたね~(^_-)-☆



JACK LEE & ANNEKEI - I MISS YOU MORE